空間の演出からギアのチョイス、料理に至るまで完璧にこなすキャンプスタイル!

  今回ご紹介するのは、神奈川県在住の「たま」さん。   ストリート系キャンプギアのコーディネートがカッコいいと思った矢先、グランピングスタイルも完璧にこなす、まさにオールマイティーなキャンプスタイルです。今ではプレミアの価値が出ているMSRパビリオンをメントしたストリート系スタイル。ヒルバーグテントの赤色がアクセントとなりとても良い雰囲気を作り上げています。       また、グランピングスタイルでは、落ち着いた色で統一し、先ほどとは全くの別空間となっています。この空間に入れば一日中ゴロゴロしてしまいそうです (^^)       一つ一つのギアを見てもカッコいいものをチョイスしていますね。     そして、料理も完璧にこなします!この色とりどりの料理の数々。羨ましすぎます!一日中遊び回ったあとにこのご飯が用意されていたらと思うと、、、くぅ~~~(> <)   先日キャンプ飯🍳夕食はこんな感じ🍴⛺️ * 暗くなる前に食べ始めるから雰囲気あるのが全然撮れないー💦 * 子どもたち待てないから写真も少ない😂 * * #明日から小学生夏休み🍉 #世の中のお母さん達の願いはきっと皆同じ #どうか心穏やかに過ごせますように😂 たまさん(@takibi.camp)がシェアした投稿 - 2017 7月 20 7:59午前 PDT   空間の演出からギアのチョイス、料理に至るまでまさにオールマイティーですね!   そんな魅力たっぷりなたまさんから貴重なお話を伺いました。   プロフィール たまさん。神奈川県在住。30代女性。職業:美容系 インスタグラム:https://www.instagram.com/takibi.camp/ 以下からたまさんとのやり取りです。     はじめまして たまと申します。 平日は自宅でマツエクサロンをしていて休日は家族で過ごしています。 各キャンプ用品のお気に入りを教えて下さい。 [table id=45
Read More
空間の演出からギアのチョイス、料理に至るまで完璧にこなすキャンプスタイル!

サンドカラーの心地の良い空間。三姉妹の姫とファミリーキャンプ♫

  今回ご紹介するのは、神奈川県横須賀市在住の「bbksk」さん。 ヒルバーグのケロンがなんともカッコ良い bbksk さんのサイトは男らしい無骨な空間と、ファミリーキャンプを快適に過ごせる充実したギアで成り立っています。     タープをタトンカ/1TCにすることで、ケロンとの相性も良くサンドカラーを全体に広げた心地の良い雰囲気です。 その中にbbkskさん自慢の自作ギアが数多く取り揃えています。   自作キッチンカウンター そんな魅力的な空間の中にいれば子供は大はしゃぎ間違いないですよねー!       そんな魅力たっぷりなbbkskさんから貴重なお話を頂けました。 プロフィール bbkskさん。神奈川県横須賀市在住。33歳男性。職業:自営業・空調設備 インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/bbksk/ 以下からbbkskさんとのやり取りです。   はじめましてbbkskです。 キャンプを初めてまだ2年ですが、ファミリー中心に楽しんでます。最近では周りの友達も続々とキャンプにハマり皆んなでグルキャンする機会も増えてきました。皆んな沼にハマってきたようですね(笑)   各キャンプ用品のお気に入りを教えて下さい。 [table id=44 /] キャンプを始めた時期は? 31歳から キャンプへ行く頻度は? 月一ペースが基本ですが、仕事の都合がつく時、家族の予定がない時は、キャンプ行ってます。出来れば毎週行きたいんですが、なかなかそうも行きませんね。 キャンプを始めたきっかけは? もともと、外遊びが好きで友達とBBQや家族と外でご飯食べたりが好きだったんで、キャンプへの憧れはあったんですが、なかなか機会がなく出来ずにいました。 そこで、嫁さんのお姉さん夫婦がキャンプに行くから一緒にどう?てのがきっかけで、ハマってしまいました。初めてのキャンプはもう、楽しくて衝撃的な出会いでしたね。   お気に入りキャンプ場は? 道志の森キャンプ場 ふもとっぱら 森のまきばオートキャンプ場 お気に入りキャンプ場のどういったところが気に入っていますか? 道志の森:色々なサイトがあって緑が気持ちよく夏によく行くキャンプ場です。子供達はプールがお気に入りです。 ふもとっぱら:何と言っても富士山が目の前にドカーンと見えるのは最高です。それと、広々しているので、好きなようにレイアウト出来るのが魅力的です。 森のまきば:自宅からも近くインとアウトがゆっくりなので1泊2日でも十分楽しめるのが好きです。 一番お気に入りのキャンプ用品は何ですか? ・ヒルバーグ/ケロン4GT。 ケロン4GTは建てた姿が最高にカッコよく、眺めてビール飲めます。設営撤収も楽チンでお気に入りの幕です。   テント:ヒルバーグ/ケロン4GT ・自作したギア達。 基本的に自分で作れるものは作って、自分なりに使い勝手よく作ってます。自作したギアをフィールドに持って行き、レイアウトして満足し眺めてビール飲んでます(笑)   自作焚き火ハンガー 好きなキャンプスタイルは? 男らしい、無骨なサイトが理想なんですが、ファミリーだといつも荷物が多くなってしまい、いつもガチャガチャしたサイトになってしまいます。スッキリと統一感のあるサイトが好きです。     キャンプへのこだわりは? 自作出来るものは自作して他にあまりかぶらないようなギアを持って行ってます。後はロケーションが良い所でゆっくり過ごすのが好きです。       キャンプの魅力について 何と言っても、子供と一緒に楽しめるのが一番の魅力だと思います。子供の為に週末を過ごすのも悪くないと思いますが、親自身も全力で遊びたいんです。子供達の成長にも良いと思ってます。キャンプ場に遊具が無くても、自分達で遊びを考えて!朝から晩まで一日中遊んでますよね。子供達も良い笑顔してますよ。虫嫌いも克服しましたし。外でご飯食べると、嫌いな野菜もパクパク食べてます。     今、欲しいor購入予定のキャンプ用品は? ・MSRの旧パビリオン(タンカラー) ・ソトラボ・コカゲウィング ・家族みんなで乗れるカヌー。 キャンプ以外にはまっていること 最近supを始めたので、supです。   ちび達乗せてsupでクルージング。 4人乗せても安定してました。 今週末は湖畔でクルージング(´-ω-`) 荷物減らして遊び重視のキャンプにしよう! #camp #camping #outdoors #sup#三姉妹 keisukeさん(@bbksk)がシェアした投稿
Read More
サンドカラーの心地の良い空間。三姉妹の姫とファミリーキャンプ♫

スッキリとしたデザインが魅力的!真似したくなるキャンプサイト♫

  今週から通常通りコアキャンパーの皆さまをご紹介できればと思います。m(_ _)m 今回ご紹介するのは、埼玉県在住の「kuma3papa」さん。 kuma3papaさんの魅力は、すっきりとまとまったストリート系のキャンプスタイルではないでしょうか。沢山あるギアの中からその日のキャンプスタイルに合わせギアをチョイスするとのことですが、無駄のないビジュアルがとても参考になります。     色合いや光のバランスも絶妙でとってもカッコいいですね!キャンプ場にこのサイトがあれば一目置かれること間違いなしです。   * 夜は原色系のテントが映えるとの事☝️ * ヤマさんこと@rakkyo_3104 さんの言うことを信じ、本当は違う色を考えてましたが、REDにしました😗 友達の話を信じる素直な私…正解でしたね👍 * * #素直な性格 #時に良いことあります #嫁にはタンスに壺なんこ入ってるのと言われ #断れないタイプ #hilleberg #hillebergunna #nemoequipment #outingstylejp #hinataoutdoor #bepal Shingoさん(@kuma3papa)がシェアした投稿 -
Read More
スッキリとしたデザインが魅力的!真似したくなるキャンプサイト♫

コアキャンパーが選ぶおススメクーラーボックス2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。4回目にご紹介するギアは、「クーラーボックス」です!コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなクーラーボックスを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   ランキング順位 第3位 シアトルスポーツ(4票) 3位に選ばれたのは、シアトルスポーツ。 ソフトクーラーでは代表格ですね。インナーが完全シームレスで結露すらも起こさせない最強の2重構造で抜群の保冷力があります。外側は頑丈なビニール素材を採用しており、擦れやや裂けに強く長く安心してご利用できる設計となっています。そしてパッと目をひくカラフルな色とキュートなペンギンマークが特徴です。   ウゴさんら一枚。シアトルスポーツ/サンドカラー   第2位 YETI(14票) 第2位はYETI。キャンプを好きな人なら誰しもが憧れるクーラーボックスがこのYETIです。2006年スタートと比較的新しい会社のYETIですが、クーラーボックス界に革新的な商品を送り出し、世界中で瞬く間に広がっていきました。熊でも壊すことができないという丈夫なつくりと、圧力注入された分厚い5cmのインスレーションと密閉性の高いシステムにより抜群の保冷力を実現できました。価格もとっても高いのですが、ブランドイメージを確立できたこともあり唯一無二の存在となりました。   オサさんから一枚。YETI   omahaddayさんから一枚。YETI   アナスカさんから一枚。YETI   第1位 コールマン (18票) 栄えある第1位はコールマン!キャンプ界のキングであるコールマンがクーラーボックス部門の一位を飾りました!コールマンについての説明はもはや不要かと思いますが、その圧倒的な種類の豊富さは強みでありますね。そのなかでスチールベルトは11票という結果でした。密かにYETI vs スチールベルト対決を楽しみにしていたのですが、この対決だけだとYETIに軍配が上がりました。   so-freeさんから一枚。コールマン/スチールベルト   キナピさんから一枚。コールマン/スチールベルト   KEN@monkeyworksさんから一枚。コールマン/ピクニッククーラー   最後に 皆さま、いかがでしたでしょうか。 他にも沢山のクーラーボックスが見受けられました。個人的に気になったブランドはポーラーベアのソフトクーラーや、ガス管を使用し冷却するドメティック等です。 それでは第4回の「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」クーラーボックス編はこれにて終わりにしたいと思います。m(_ _)m  
Read More
コアキャンパーが選ぶおススメクーラーボックス2017!!

意外な結果に!?コアキャンパーが選ぶおススメテーブル&チェア2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。3回目にご紹介するギアは、「テーブル」と「チェア」です!コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテーブル&チェアを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   テーブル編 第3位 ヘキサ(六角)テーブル(5票) 3位に選ばれたのは、ヘキサ(六角)テーブル。 まずはヘキサ(六角)テーブルについて、株式会社ビッグベアーの社長さんがキャンプ好きが高じて作成した六角形のテーブルで、INSTAGRAMなどのSNSでおしゃれキャンパーに話題のテーブルです。ヘキ男、ヘキ子、ヘキ太郎とサイズが分かれていています。また、個性あふれる柄も豊富に取り揃えております。注文方法ですが、オンラインショップ等のサイトがなくFacebookやInstagramに記載の問い合わせメールアドレスから注文を行うそうです。   アナスカさんから一枚。手前:ヘキ子、奥:ヘキ男   トムさんから一枚。手前:ヘキ男、ヘキ子   第2位 スノーピーク(5票) 第2位はスノーピーク。その中でも圧倒的に所有率が高かったのが IGT (アイアングリルテーブル)。高さやサイズ、用途によって自由自在にカスタマイズできる柔軟性をもっているのがこのIGT。自分仕様に育てていけるのが何よりもこの商品の魅力でないでしょうか。   うたパパさんから一枚。手前:IGT   acoさんから一枚。手前:IGT   第1位 自作テーブル (25票) 栄えある第1位は自作テーブル!圧倒的な票数で自作テーブルが 1位となりました。キャンプギアの中でもテーブルが 1番自作に適しているのかもしれませんね。皆さんとっても個性豊かでおしゃれな作品を生み出しています。真似をしたくなる作品が本当に多いですね。流石コアキャンパーさんです!^^   katsuyaさんから一枚。自作テーブル   cococampさんから一枚。自作テーブル   NORIさんから一枚。自作テーブル   sayaさんから一枚。自作テーブル   チェア編 第3位 エニウェアチェア(4票) 3位に選ばれたのはエニウェアチェア。アメリカ生まれのブランドで、天然木使用、ハンドメイド、100%国内生産というこだわりを持っているそうです。エニウェアチェアの中でも一番有名なチェアはミニサンドチェアで座面がかなり低いのが特徴です。   ウラタシュンゴさんから一枚。手前:エニウェアチェア(カスタムバージョン)   bunbun0810さんから一枚。エニウェアチェア   第2位 ヘリノックス(12票) 第2位はヘリノックス。1位とは1表差という僅差でしたが、こちらも圧倒的に人気のチェアです。元々はアルミポールを制作あるDAC社(1988年創業)が、その高い技術力や洗練されたデザイン力を生かして2009年に立ちあげたのがヘリノックスです。優れた強度と柔軟性を持つ超軽量アルミニウムポールを採用した革新的なアイテムの数々は、登場以来アウトドア愛好家の熱い支持を得ています。   akanekoさんから一枚。ヘリノックス   キナピさんから一枚。左:ヘリノックス   第1位 カーミットチェア(13票) 栄えある第1位はカーミットチェア!誰しもが納得の1位ではないでしょうか!? カーミットチェアの誕生秘話ですが、1984年、もともとIBMのエンジニアをしていたバイク愛好家のカーミット・イースタリングさんは自分のバイクに携帯できるような自分用の軽量キャンプチェアを制作したのが始まりです。そのチェアは、小さなキャンプ場やバイクレース場で、知らぬ間に口コミで広まりカーミットチェアが誕生したそうです。   うたパパさんから一枚。カーミットチェア/自作張替   わざおさんから一枚。カーミットチェア     最後に 皆さま、いかがでしたでしょうか。 予想通りでしたでしょうか?意外な結果でしたでしょうか?この結果はとても参考になるかと思いますので、テーブル&チェアをご購入予定の方は是非、参考にしてみてください。 それでは第3回の「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」テーブル&チェア編はこれにて終わりにしたいと思います。次回は「クーラーボックス編」をお送りしたいと思います。m(_ _)m  
Read More
意外な結果に!?コアキャンパーが選ぶおススメテーブル&チェア2017!!

どのタープがいいの!?コアキャンパーが選ぶおススメタープ2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。2回目にご紹介するギアは、「タープ」です!テントと同じくらい必需品なタープですが、コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテントを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   ランキング順位 第5位 ヒルバーグ (5票) 5位に選ばれたのは、ヒルバーグ。 この結果は正直意外でした。ヒルバーグのテントの人気は以前から知っていましたが、タープも5位にランキングするほど人気だったとは!?さすがヒルバーグです。アッパレっ!! ヒルバーグの特徴の1つが"ケルロン/Kerlon"という強靭な生地です。この生地ですが、リップストップナイロンにシリコンでコーティング加工した素材です。そもそもリップストップ生地とは格子状にナイロン繊維が縫い込まれた生地です。ですので、リップストップナイロンとは、ナイロン生地にナイロン繊維が縫い込まれたということですね。(因みにリップストップコットンや、リップストップポリエステルもあります。)これだけでも強力な生地なのですが、さらにシリコン加工をしているというわけですね。最強の呼び声が高いのも納得です!   ここパパさんから一枚。左:ヒルバーグ/20UL(ウルトラライト)   ウゴさんから一枚。ヒルバーグ/20XP(エクスペディション) [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="3.png" name="ウゴさん"] 私が使ってるのは20XPですが、遮光性が高いのとグロメットの数が多いので色々な張り方が出来るので、飽きがこないで長く使えるタープだと思います。[/speech_bubble]   第4位 DD Hammocks DDタープ(6票) 第4位はDDタープ。イギリスのDD Hammocks社が展開するギアの一つで、四角形の非常にシンプルなデザインと良心的な価格が特徴です。DDタープはそのシンプルな構造を活かし非常に多くの設営パターンが存在しています。「DDタープ 張り方」などで検索すれば、沢山のアイディアが見つかりますね。シンプルで空きのこないDDタープは1家に1つ持っていてもよいかもしれません。   YUiMaalさんから一枚。DDタープ 3×3 ブラック [speech_bubble type="fb-flat"
Read More
どのタープがいいの!?コアキャンパーが選ぶおススメタープ2017!!

最強のテントはどれだ!?コアキャンパーが選ぶおススメテント2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。まず始めにご紹介するギアは、キャンプの顔と言ってもいい「テント」です!キャンプの顔なだけあってテント選びは本当に悩んでしまいますね。ソロキャンプ用、ファミリーキャンプ用などの人数による違いや、グランピング感あるゴージャスなものや野営感あふれるワイルドなもの、はたまた、山岳用に軽量化されたものなど。コアキャンパーの皆さんは一体どんなテントを使っているのか、今までご紹介した50名の皆さまから集計してみました。ランキング形式でご紹介したいと思いますので是非よろしくお願いします!   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテントを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   ランキング順位 第5位 テンティピ、ノースフェイス (4票) 同率5位に選ばれたのは、テンティピとノースフェイス。 まずはテンティピについて、生まれは北極圏近くに位置するスウェーデン。夏は30℃、冬はマイナス 45℃と気候の幅がとても広いスウェーデンでオールシーズン使えるように作られたテントです。テントの構造はセンターポールのみと非常にシンプルで、慣れればたった数分で設営できてしまいます。また、構造上、テント内でたき火を楽しむことが可能です。   オサさんから一枚。テンティピ/Zirkon15CP [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="3.png" name="オサさん"]テンティピの最大の魅力はテント内で焚火が出来る事だと思います。耐風性もかなり強いテントなので、外の天候を気にする事なく焚火を楽しめます。[/speech_bubble]   tall.86さんから一枚。テンティピ/オキニス [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="3.png" name="tall.86さん"]見た目よりも中は明るく設営は10分もかからない。居住性も良くとにかく色が大好きです。 [/speech_bubble]   そしてノースフェイス。アウトドア用品として確固たる地位を気づいているノースフェイスですが、テント用品の始まりは1975年とのことで、世界初のドーム型テント『 オーバルインテンション 』を開発しました。その性能ですが、強さと過ごしやすさにとても優れ、ヒマラヤのベースキャンプにも採用されるほどです。また、その後のテントがドーム型へと変わるきっかけになったそうです。テントの拘りも強くスタイリッシュなデザインや軽量化、また極寒や強風など厳しい自然環境でも耐えられるように作られているようです。   Rumiさんから一枚。ノースフェイス/Trailhead8 [speech_bubble
Read More
最強のテントはどれだ!?コアキャンパーが選ぶおススメテント2017!!

「欲しいモノを形に。」今までにない neru design works に迫る!

  Life Is Camp が始まってから今回でちょうど 50人目のご紹介となります。 そんな記念すべき回にご紹介させて頂くのは、現在、コアキャンパーの皆さまを賑わせているガレージブランド"neru design works"。 シンプルでありながら斬新なデザイン、ずーっと使い続けたくなるようなあきのこないデザイン、見ているだけで心が躍ってしまうデザイン。 一言では表現しきれませんが、確かに言えるのはありそうでなかった全く新しいデザインだということです。         ため息がでてしまうほどの美しさがあります。 neru design works が掲げるテーマとして、「経年優化」という言葉があります。経年劣化の逆で年を経るごとに味わい深く優れていくという意味ですが、使うごとに喜びが持てる道具を生み出すことがモノづくりに対する想いのようです。     そんな魅力たっぷりな neru design works について貴重なお話を頂けました。   プロフィール ガレージブランド neru design works。 インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/nerudesignworks/     こんにちは。 家族で年中キャンプに出かけていますが、人見知りなので人の少ないキャンプ場を探し求めて放浪しています。欲しいものがなければ作るを基本にキャンプを楽しんでいます。 まずはneru
Read More
「欲しいモノを形に。」今までにない neru design works に迫る!