コアキャンパーが選ぶおススメクーラーボックス2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。4回目にご紹介するギアは、「クーラーボックス」です!コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなクーラーボックスを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   ランキング順位 第3位 シアトルスポーツ(4票) 3位に選ばれたのは、シアトルスポーツ。 ソフトクーラーでは代表格ですね。インナーが完全シームレスで結露すらも起こさせない最強の2重構造で抜群の保冷力があります。外側は頑丈なビニール素材を採用しており、擦れやや裂けに強く長く安心してご利用できる設計となっています。そしてパッと目をひくカラフルな色とキュートなペンギンマークが特徴です。   ウゴさんら一枚。シアトルスポーツ/サンドカラー   第2位 YETI(14票) 第2位はYETI。キャンプを好きな人なら誰しもが憧れるクーラーボックスがこのYETIです。2006年スタートと比較的新しい会社のYETIですが、クーラーボックス界に革新的な商品を送り出し、世界中で瞬く間に広がっていきました。熊でも壊すことができないという丈夫なつくりと、圧力注入された分厚い5cmのインスレーションと密閉性の高いシステムにより抜群の保冷力を実現できました。価格もとっても高いのですが、ブランドイメージを確立できたこともあり唯一無二の存在となりました。   オサさんから一枚。YETI   omahaddayさんから一枚。YETI   アナスカさんから一枚。YETI   第1位 コールマン (18票) 栄えある第1位はコールマン!キャンプ界のキングであるコールマンがクーラーボックス部門の一位を飾りました!コールマンについての説明はもはや不要かと思いますが、その圧倒的な種類の豊富さは強みでありますね。そのなかでスチールベルトは11票という結果でした。密かにYETI vs スチールベルト対決を楽しみにしていたのですが、この対決だけだとYETIに軍配が上がりました。   so-freeさんから一枚。コールマン/スチールベルト   キナピさんから一枚。コールマン/スチールベルト   KEN@monkeyworksさんから一枚。コールマン/ピクニッククーラー   最後に 皆さま、いかがでしたでしょうか。 他にも沢山のクーラーボックスが見受けられました。個人的に気になったブランドはポーラーベアのソフトクーラーや、ガス管を使用し冷却するドメティック等です。 それでは第4回の「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」クーラーボックス編はこれにて終わりにしたいと思います。m(_ _)m  
Read More
コアキャンパーが選ぶおススメクーラーボックス2017!!

意外な結果に!?コアキャンパーが選ぶおススメテーブル&チェア2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。3回目にご紹介するギアは、「テーブル」と「チェア」です!コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテーブル&チェアを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   テーブル編 第3位 ヘキサ(六角)テーブル(5票) 3位に選ばれたのは、ヘキサ(六角)テーブル。 まずはヘキサ(六角)テーブルについて、株式会社ビッグベアーの社長さんがキャンプ好きが高じて作成した六角形のテーブルで、INSTAGRAMなどのSNSでおしゃれキャンパーに話題のテーブルです。ヘキ男、ヘキ子、ヘキ太郎とサイズが分かれていています。また、個性あふれる柄も豊富に取り揃えております。注文方法ですが、オンラインショップ等のサイトがなくFacebookやInstagramに記載の問い合わせメールアドレスから注文を行うそうです。   アナスカさんから一枚。手前:ヘキ子、奥:ヘキ男   トムさんから一枚。手前:ヘキ男、ヘキ子   第2位 スノーピーク(5票) 第2位はスノーピーク。その中でも圧倒的に所有率が高かったのが IGT (アイアングリルテーブル)。高さやサイズ、用途によって自由自在にカスタマイズできる柔軟性をもっているのがこのIGT。自分仕様に育てていけるのが何よりもこの商品の魅力でないでしょうか。   うたパパさんから一枚。手前:IGT   acoさんから一枚。手前:IGT   第1位 自作テーブル (25票) 栄えある第1位は自作テーブル!圧倒的な票数で自作テーブルが 1位となりました。キャンプギアの中でもテーブルが 1番自作に適しているのかもしれませんね。皆さんとっても個性豊かでおしゃれな作品を生み出しています。真似をしたくなる作品が本当に多いですね。流石コアキャンパーさんです!^^   katsuyaさんから一枚。自作テーブル   cococampさんから一枚。自作テーブル   NORIさんから一枚。自作テーブル   sayaさんから一枚。自作テーブル   チェア編 第3位 エニウェアチェア(4票) 3位に選ばれたのはエニウェアチェア。アメリカ生まれのブランドで、天然木使用、ハンドメイド、100%国内生産というこだわりを持っているそうです。エニウェアチェアの中でも一番有名なチェアはミニサンドチェアで座面がかなり低いのが特徴です。   ウラタシュンゴさんから一枚。手前:エニウェアチェア(カスタムバージョン)   bunbun0810さんから一枚。エニウェアチェア   第2位 ヘリノックス(12票) 第2位はヘリノックス。1位とは1表差という僅差でしたが、こちらも圧倒的に人気のチェアです。元々はアルミポールを制作あるDAC社(1988年創業)が、その高い技術力や洗練されたデザイン力を生かして2009年に立ちあげたのがヘリノックスです。優れた強度と柔軟性を持つ超軽量アルミニウムポールを採用した革新的なアイテムの数々は、登場以来アウトドア愛好家の熱い支持を得ています。   akanekoさんから一枚。ヘリノックス   キナピさんから一枚。左:ヘリノックス   第1位 カーミットチェア(13票) 栄えある第1位はカーミットチェア!誰しもが納得の1位ではないでしょうか!? カーミットチェアの誕生秘話ですが、1984年、もともとIBMのエンジニアをしていたバイク愛好家のカーミット・イースタリングさんは自分のバイクに携帯できるような自分用の軽量キャンプチェアを制作したのが始まりです。そのチェアは、小さなキャンプ場やバイクレース場で、知らぬ間に口コミで広まりカーミットチェアが誕生したそうです。   うたパパさんから一枚。カーミットチェア/自作張替   わざおさんから一枚。カーミットチェア     最後に 皆さま、いかがでしたでしょうか。 予想通りでしたでしょうか?意外な結果でしたでしょうか?この結果はとても参考になるかと思いますので、テーブル&チェアをご購入予定の方は是非、参考にしてみてください。 それでは第3回の「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」テーブル&チェア編はこれにて終わりにしたいと思います。次回は「クーラーボックス編」をお送りしたいと思います。m(_ _)m  
Read More
意外な結果に!?コアキャンパーが選ぶおススメテーブル&チェア2017!!

どのタープがいいの!?コアキャンパーが選ぶおススメタープ2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。2回目にご紹介するギアは、「タープ」です!テントと同じくらい必需品なタープですが、コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテントを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   ランキング順位 第5位 ヒルバーグ (5票) 5位に選ばれたのは、ヒルバーグ。 この結果は正直意外でした。ヒルバーグのテントの人気は以前から知っていましたが、タープも5位にランキングするほど人気だったとは!?さすがヒルバーグです。アッパレっ!! ヒルバーグの特徴の1つが"ケルロン/Kerlon"という強靭な生地です。この生地ですが、リップストップナイロンにシリコンでコーティング加工した素材です。そもそもリップストップ生地とは格子状にナイロン繊維が縫い込まれた生地です。ですので、リップストップナイロンとは、ナイロン生地にナイロン繊維が縫い込まれたということですね。(因みにリップストップコットンや、リップストップポリエステルもあります。)これだけでも強力な生地なのですが、さらにシリコン加工をしているというわけですね。最強の呼び声が高いのも納得です!   ここパパさんから一枚。左:ヒルバーグ/20UL(ウルトラライト)   ウゴさんから一枚。ヒルバーグ/20XP(エクスペディション) [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="3.png" name="ウゴさん"] 私が使ってるのは20XPですが、遮光性が高いのとグロメットの数が多いので色々な張り方が出来るので、飽きがこないで長く使えるタープだと思います。[/speech_bubble]   第4位 DD Hammocks DDタープ(6票) 第4位はDDタープ。イギリスのDD Hammocks社が展開するギアの一つで、四角形の非常にシンプルなデザインと良心的な価格が特徴です。DDタープはそのシンプルな構造を活かし非常に多くの設営パターンが存在しています。「DDタープ 張り方」などで検索すれば、沢山のアイディアが見つかりますね。シンプルで空きのこないDDタープは1家に1つ持っていてもよいかもしれません。   YUiMaalさんから一枚。DDタープ 3×3 ブラック [speech_bubble type="fb-flat"
Read More
どのタープがいいの!?コアキャンパーが選ぶおススメタープ2017!!

最強のテントはどれだ!?コアキャンパーが選ぶおススメテント2017!!

  Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m   その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。まず始めにご紹介するギアは、キャンプの顔と言ってもいい「テント」です!キャンプの顔なだけあってテント選びは本当に悩んでしまいますね。ソロキャンプ用、ファミリーキャンプ用などの人数による違いや、グランピング感あるゴージャスなものや野営感あふれるワイルドなもの、はたまた、山岳用に軽量化されたものなど。コアキャンパーの皆さんは一体どんなテントを使っているのか、今までご紹介した50名の皆さまから集計してみました。ランキング形式でご紹介したいと思いますので是非よろしくお願いします!   [toc]   ランキング形式の説明 今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテントを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。   ランキング順位 第5位 テンティピ、ノースフェイス (4票) 同率5位に選ばれたのは、テンティピとノースフェイス。 まずはテンティピについて、生まれは北極圏近くに位置するスウェーデン。夏は30℃、冬はマイナス 45℃と気候の幅がとても広いスウェーデンでオールシーズン使えるように作られたテントです。テントの構造はセンターポールのみと非常にシンプルで、慣れればたった数分で設営できてしまいます。また、構造上、テント内でたき火を楽しむことが可能です。   オサさんから一枚。テンティピ/Zirkon15CP [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="3.png" name="オサさん"]テンティピの最大の魅力はテント内で焚火が出来る事だと思います。耐風性もかなり強いテントなので、外の天候を気にする事なく焚火を楽しめます。[/speech_bubble]   tall.86さんから一枚。テンティピ/オキニス [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="3.png" name="tall.86さん"]見た目よりも中は明るく設営は10分もかからない。居住性も良くとにかく色が大好きです。 [/speech_bubble]   そしてノースフェイス。アウトドア用品として確固たる地位を気づいているノースフェイスですが、テント用品の始まりは1975年とのことで、世界初のドーム型テント『 オーバルインテンション 』を開発しました。その性能ですが、強さと過ごしやすさにとても優れ、ヒマラヤのベースキャンプにも採用されるほどです。また、その後のテントがドーム型へと変わるきっかけになったそうです。テントの拘りも強くスタイリッシュなデザインや軽量化、また極寒や強風など厳しい自然環境でも耐えられるように作られているようです。   Rumiさんから一枚。ノースフェイス/Trailhead8 [speech_bubble
Read More
最強のテントはどれだ!?コアキャンパーが選ぶおススメテント2017!!

「欲しいモノを形に。」今までにない neru design works に迫る!

  Life Is Camp が始まってから今回でちょうど 50人目のご紹介となります。 そんな記念すべき回にご紹介させて頂くのは、現在、コアキャンパーの皆さまを賑わせているガレージブランド"neru design works"。 シンプルでありながら斬新なデザイン、ずーっと使い続けたくなるようなあきのこないデザイン、見ているだけで心が躍ってしまうデザイン。 一言では表現しきれませんが、確かに言えるのはありそうでなかった全く新しいデザインだということです。         ため息がでてしまうほどの美しさがあります。 neru design works が掲げるテーマとして、「経年優化」という言葉があります。経年劣化の逆で年を経るごとに味わい深く優れていくという意味ですが、使うごとに喜びが持てる道具を生み出すことがモノづくりに対する想いのようです。     そんな魅力たっぷりな neru design works について貴重なお話を頂けました。   プロフィール ガレージブランド neru design works。 インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/nerudesignworks/     こんにちは。 家族で年中キャンプに出かけていますが、人見知りなので人の少ないキャンプ場を探し求めて放浪しています。欲しいものがなければ作るを基本にキャンプを楽しんでいます。 まずはneru
Read More
「欲しいモノを形に。」今までにない neru design works に迫る!

ミリタリー&ストリートMIXのとってもスマートなキャンプスタイル

  今回ご紹介するのは、神奈川県在住のウゴさん。 先日、西湖自由キャンプへデイキャンプをしに遊びへ行ったところ、一際輝くサイトがあったのですっ!それが、今回ご紹介させていただくウゴさん。ほかのサイトもおしゃれなサイトが多かったのですが、本当に群を抜いて目立っていたのです。私は勇気を振り絞ってウゴさんへ話しかけました。 「オシャレなサイトですね。。」 そうしたら気持ちの良い返事が返ってきたわけであります! 「ありがとうございますっ!」とっ!! (確かこんな感じでしたよね。笑>ウゴさん) そんなこんなですっかり意気投合(私だけ?)した二人はしばらくの間キャンプ談義になったのです。私はすかさず写真を撮りまくりました。   ヒルバーグのテント・タープがとても美しい。 一つ一つのギアがオシャレすぎてため息が・・ 自作で作られたコット。帆布は6号、赤色の生地をチョイスでミリタリー過ぎないバランスのとれた感じに・・ こちらも自作のシェルコンテナの天板。カッコ良すぎだし凄すぎる~~ as2ovのWALL POCKET。小物の収納に便利だし、とてもスマートです。 ランタンは、TILLEY'のX246B。   この日が泊りのキャンプだったらこのあと酒を交えて本格的なキャンプ談義へ!と行きたかったのですが、夕方から予定があり私は早々に撤収。 ウゴさん、またキャンプでお会いしたらお話させて下さいーーm(_ _)m   初対面でも優しく接して下さった魅力たっぷりな ウゴさんから貴重なお話を伺いました。 プロフィール ウゴさん。神奈川県在住。30代半ば男性。職業:会社員 インスタグラム:https://www.instagram.com/say5ri7/ 以下からウゴさんとのやり取りです。     初めまして。ウゴと申します。神奈川在住です。 妻と共通の趣味を持とうとキャンプを始めました。最近ではキャンプ専用アプリDayOutで知り合った仲間とグルキャンをするようになり、その影響でより一層キャンプ熱に火が付いてしまっています。 各キャンプ用品のお気に入りを教えて下さい。 [table id=40 /] キャンプを始めた年齢は? 3年前 キャンプへ行く頻度は? 月1、2回 キャンプを始めたきっかけは? 妻の両親にキャンプへ連れて行ってもらい、そこからどっぷりハマりましたw お気に入りキャンプ場は? 道志の森キャンプ場 道志の森キャンプ場のどういったところが気に入っていますか? 設営する場所で色んな景観を楽しめ、何度行っても飽きのこないキャンプ場です。     余韻pic… #camp#キャンプ#hilleberg#kaitum4gt#カイタム4gt#ヒルバーグ#tarp20xp#まめこのツッコミがツボ#まめことオネエ会 #dayoutキャンプ#ふふふふwww#只者じゃない感だしたい#outingstylejp#camphack#ironcraft#izanami#ヘキ男#yeti#シェルコン#snowpeak ウゴさん(@say5ri7)がシェアした投稿 - 2017 6月
Read More
ミリタリー&ストリートMIXのとってもスマートなキャンプスタイル

コアキャンパー必見!ガレージブランドSomAbitoの全てを探ります!

  今回ご紹介するのは、京都府在住の「ソマビト_ヨツトシ」さん。 そうです!コアキャンパーの皆さまなら既にご存知かと思われますが、 SomAbito 創業者のお一人、ソマビト_ヨツトシさんです!   ■SomAbito http://somabito110.jp/   今回はSomAbitoの事について沢山ご質問したにも関わらず快くお答えいただき、本当にありがとうございました。m(_ _)m この場をお借りしてお礼申し上げます。 また、以前にご紹介した Reikoさんの旦那さまでもあります!ご夫婦そろってコアキャンパーだなんて本当に羨ましいです!     SomAbitoファンも、今回初めてお聞きする方も必見です。ヨツトシさんから貴重なお話を頂けました。 プロフィール ソマビト_ヨツトシさん。京都府在住。40代男性。職業:SomAbito SomAbitoショップ:http://somabito110.jp/ インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/somabito_yotsutoshi/ 以下からヨツトシさんとのやり取りです。   はじめまして。ソマビト_ヨツトシです。住まいは奥京都です。SomAbitoというガレージブランドを仲間とやっております。SomAbitoではKUKSAのDIYキットなどアウトドアにもマッチする小物製作から空間デザインなどリノベーションなども手がけています。 まずはSomAbitoについて色々とご質問させてください。 SomAbitoについて質問その1: somabito を創業した時期はいつですか? 2014年に私、イワキ ヨツトシと林業家で建築家のイトウ カズヤの2人ではじめました。 SomAbitoについて質問その2: 創業当初の気持ち(不安だったことや、ワクワクしたこと等)をお聞かせ下さい。 僕らの地元である奥京都の魅力を世界に発信できる何かをやりたいねといつも話していてそういう流れの中でKYO-KUKSAが生まれました。大風呂敷をはじめに広げたのでワクワクしかありませんでしたね。 SomAbitoについて質問その3: 運営している中で嬉しかったこと、大変だったことを教えて下さい。 僕らの製作した製品を通して奥京都に興味を持ってもらえたり、モノづくりの楽しさを感じてもらえることはとてもうれしいです。ポジティブな考え方が癖になっていて身体的に大変な時でも楽しんで取り組ませてもらってます。 SomAbitoについて質問その4: ソマスピの誕生秘話を教えて下さい。 SomAbitoのモノづくりのキーワードに<世界にひとつ>というのがあります。そんな中で自然の中でも優しい音色で音楽を楽しむために自分用に作ったウッドスピーカーをinstagramにポストしたところ欲しいと言っていただける方がおり、10個だけ製作してお譲りしました。するとまたほしい方が現れて、また10個、また10個と作っているうちにSomAbitoの定番商品となっていきました。ソマスピもまったく売るために開発したものではなく、持っててうれしくなることを考えて作ったものなんです。   * Goodmornig OHAYO GOZAIMASU! GOJ2017では過去最強のソマスピタワーがそびえ立っていました😁👍 その数80台ーーーーーー!🙌 今回はネスカフェアンバサダーキャンプ ×GO OUT JAMBOREEということで別注バージョンでのタワー🗼 この光景を生で見たかったなぁ〜 #SomAbito #ソマスピ #別注品 #woodspeaker
Read More
コアキャンパー必見!ガレージブランドSomAbitoの全てを探ります!

オールドアメリカンな雰囲気で男心くすぐるキャンプスタイル!

  今回ご紹介するのは、千葉県在住の「cococamp」さん。 cococampさんの魅力は、一切のブレがない cococamp さんオリジナルのキャンプスタイルではないでしょうか。キャンプサイト内はまるで西部劇の酒場かと思ってしまうほどのオールドアメリカンな空気が流れています。       ギアもcococampさんの完全オリジナル。一つ一つのギアは男心をくすぐるワイルドで力強い作品となっています。       数々のコアキャンパーさんを見てきましたが、ここまでの世界観を作り上げることにかけては、cococampさんの右に出る方はいないのではないでしょうか。     そんな魅力たっぷりなcococampさんから貴重なお話を頂けました。 プロフィール cococampさん。千葉県在住。53歳男性。職業:会社員 インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/cococamp/ 以下からcococampさんとのやり取りです。   初めまして  千葉県在住  cococampと申します   通称  cocoと呼ばれてます。 NOB に所属して  近隣キャンパーさんと グルで camp 楽しんでいます。 各キャンプ用品のお気に入りを教えて下さい。 [table id=39 /] キャンプを始めた年齢は? 20歳から キャンプへ行く頻度は? 月3回程 キャンプを始めたきっかけは? ファミリーcamp お気に入りキャンプ場は? 野営中心 野営キャンプのどういったところが気に入っていますか? IN/OUT の制限がない為  気楽に camp 楽しめるところです 一番お気に入りのキャンプ用品は何ですか? テーブル。 自作なので 自分好みに製作出来るところが気に入っています。     好きなキャンプスタイルは? 我流  オリジナリティースタイル
Read More
オールドアメリカンな雰囲気で男心くすぐるキャンプスタイル!