どのタープがいいの!?コアキャンパーが選ぶおススメタープ2017!!


life-is-camp15-8

 

Life is camp WEBサイトを開設してから 50名のコアキャンパーさんをご紹介してきました。ご協力頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

その記念として、特別企画「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」をお送りしたいと思います。2回目にご紹介するギアは、「タープ」です!テントと同じくらい必需品なタープですが、コアキャンパーの皆さまはどういったものを利用されているのでしょうか!?早速ですが、調査してみました。

 

 

ランキング形式の説明

今までご紹介してきたLife Is Camp 50名を対象にどのようなテントを利用しているのか集計してみました。メーカーごとの順位となります。1人のコアキャンパーさんが3~4個持っている場合もありますので、実際の集計数は50個を超えています。

 

ランキング順位

第5位 ヒルバーグ (5票)

5位に選ばれたのは、ヒルバーグ。

この結果は正直意外でした。ヒルバーグのテントの人気は以前から知っていましたが、タープも5位にランキングするほど人気だったとは!?さすがヒルバーグです。アッパレっ!!

ヒルバーグの特徴の1つが”ケルロン/Kerlon”という強靭な生地です。この生地ですが、リップストップナイロンにシリコンでコーティング加工した素材です。そもそもリップストップ生地とは格子状にナイロン繊維が縫い込まれた生地です。ですので、リップストップナイロンとは、ナイロン生地にナイロン繊維が縫い込まれたということですね。(因みにリップストップコットンや、リップストップポリエステルもあります。)これだけでも強力な生地なのですが、さらにシリコン加工をしているというわけですね。最強の呼び声が高いのも納得です!

 

lifeiscamp17-2ここパパさんから一枚。左:ヒルバーグ/20UL(ウルトラライト)

 

lifeiscamp49-30
ウゴさんから一枚。ヒルバーグ/20XP(エクスペディション)

ウゴさん
私が使ってるのは20XPですが、遮光性が高いのとグロメットの数が多いので色々な張り方が出来るので、飽きがこないで長く使えるタープだと思います。

 

第4位 DD Hammocks DDタープ(6票)

第4位はDDタープ。イギリスのDD Hammocks社が展開するギアの一つで、四角形の非常にシンプルなデザインと良心的な価格が特徴です。DDタープはそのシンプルな構造を活かし非常に多くの設営パターンが存在しています。「DDタープ 張り方」などで検索すれば、沢山のアイディアが見つかりますね。シンプルで空きのこないDDタープは1家に1つ持っていてもよいかもしれません。

 

life-is-camp8-3
YUiMaalさんから一枚。DDタープ 3×3 ブラック

YUiMaalさん
黒のタープが欲しくて探していた所、見つけたのがDDタープ。ブラックは3×3しかなかったのですが、ソロにはもってこいのサイズ!形も色々と選べるのでお気に入りです♪

 

第3位 タトンカ (8票)

第3位はタトンカ。ドイツ生まれのタトンカは、徹底した製品哲学とともに、高品質で低価格な商品を製造し続けています。特徴としては、コットン65%・ポリエステル35%のポリコットン素材を採用していること。この素材によって、火の粉にも強く、且つ、軽量化を実現できています。現在は、ベージュ(または、オリーブ、コクーンとも表記)の落ち着いた色が1色のみでサイズは4種類揃っています。

 

lifeiscamp46-14
KEN(monkeyworks)さんから一枚。タトンカ/1TC

KEN(monkeyworks)さん
タトンカの魅力はどんなシーンにも合わせやすい事と、軽いのにしっかりとした遮光が得られる事ですね(^^)後は色々アレンジがきく事も魅力のひとつです!

 

life-is-camp11-6
KEN@さんから一枚。タトンカ/2TC

KEN@さん
タトンカは1TC、2TC、4TCと持っていますが、1TCはファミキャンで使うのにいい大きさ、2TCは父子キャンプやカーサイドタープにもピッタリなサイズ、4TCは日差しが強い日に日除けの壁にもなる。素材もコットン60%、ポリエステル40%と最適な割合で、雨にも強く、通気性、遮光性も抜群、薄くて丈夫なのでコットン幕にありがちな「重い」という欠点もあまり感じません。色味もどんなテント、サイトの感じにも合わせやすいベージュで、派手さはないけど主張し過ぎないとても落ち着いた感じ。値段もそこまで高いわけではないので、コストパフォーマンスもいいですね。

 

第2位 ノルディスク (9票)

第2位はノルディスク。相変わらずの強さですねー!テント部門では1位に輝き、タープ部門でも2位に。ノルディスクの代名詞でもあるコットン素材を使用したカーリや、リップストップナイロンを使用したVOSS等、多種にたわりリリースしています。こちらのタープもラグジュアリー感を出したい場合に持ってこいですね♫

 

lifeiscamp_sp2-1
kiyokiyo_nさんから一枚。ノルディスク/カーリ ダイヤモンド

kiyokiyo_nさん
ノルディスク カーリ ダイヤモンドは、コットンの優しい素材感がナチュラルでおしゃれな雰囲気。形もカッコよく、雨や火にも強い素材ということなので、初めて買うタープにはとてもバランスがとれていていいと思いました。また、ノルディスクのテントに連結させることができ、張り方によってはコンパクトな形にもなるので使い勝手も非常にいいです。

最近みつけた張り方で、ワンポールで3点の角を地面にくっ付ける様にして張る方法(ヘラクレス張り)は、ちょっとしたプライベートスペースが欲しい時にお気に入りの張り方です。

 

lifeiscamp-37-8
bunbun0810さんから一枚。ノルディスク/VOSS 20 SI

bunbun0810さん
このタープの最大の特徴は、真ん中にポールが立てられるように穴が開いているところです。真ん中のポールにランタンを下げると真下が照らせるので影ができる事なく非常に使いやすいです。

あとは、vossタープは、puシリーズで同じサイズも出ているのですが、すこしミルクがかったグリーンが自分のサイトには合わないと思い、濃いグリーンのこちらのslシリーズのものにしました。色もお気に入りです。

 

第1位 テンマクデザイン (12票)

栄えある第1位はテンマクデザイン!国内メーカーが1位ということで嬉しい限りです!(^^)テンマクデザインのタープの特徴は、何と言ってもシルエットの美しさではないでしょうか。ムササビウィングやTCウィングと、どのタープもそれぞれの用途に合わせた美しいシルエットをしています。そしてお財布に優しいところも魅力の一つではないでしょうか。これだけのクオリティでこの価格帯なら購入してしまいますよね!

因みにテンマクデザインの中でも一番所有数が多かった型は「ムササビウィング」でした♫

 

life-is-camp15-6
ガルボさんから一枚。テンマクデザイン/ムササビウィング

ガルボさん
ムササビが飛んでいるようなシルエットがカッコいい!また、TC素材なので日中は濃い日陰が作れ、夜の焚き火には火の粉に強い素材となっているので安心です。そして、張り方のバリエーションも豊富でテントと連結させて使ったりタープ泊にもよく使います。ソロ〜少人数でキャンプやるなら絶対にオススメできます!

 

lifeiscamp45-15
オサさんから一枚。テンマクデザイン/ムササビウィング

オサさん
私の持っているタイプはTCなので、火の粉にも強く、焚火サイドで安心して使えます。主な使い方はソロでの寝床です。なるべく低く、綺麗な海老反りをするように張るのが大好きです。ソロでタープを一つ選んで持って行くなら、コレを選びます。それくらい大好きなタープです。

 

lifeiscamp17-3
ここパパさんから一枚。テンマクデザイン/ムササビウィング

 

life-is-camp10-1
キナピさんから一枚。テンマクデザイン/TCウィング

キナピさん
オープンタープは、高い物は数十万する物もあって、かっこいいけど、中々手が出せません。TCウィングは、お値段リーズナブルで、間違いなく、お値段以上のタープだと思ってます。また、生地はコットン製のため、遮光性良し、火に強いので、タープ下で、炭料理、焚き火が出来、ガシガシ使えるタープですね!設営した時の空を飛んでるような形が気に入ってます👍

最後に

皆さま、いかがでしたでしょうか。

予想通りでしたでしょうか?意外な結果でしたでしょうか?この結果はとても参考になるかと思いますので、タープをご購入予定の方は是非、参考にしてみてください。

それでは第二回の「コアキャンパーが選ぶ2017シリーズ」タープ編はこれにて終わりにしたいと思います。次回は「テーブル編」をお送りしたいと思います。m(_ _)m