空間の魔術師!クラシックモダンなテント内はまさに必見!


lifeiscamp-25-top

 

今回ご紹介するのは、富山県在住の「ウラタシュンゴ」さん。

ウラタシュンゴさんのキャンプ内のインテリアは、茶系の色をベースにクラシックモダンな雰囲気となっております。全体的に落ち着いた配色の中、アラジンストーブや、ブランケットの差し色がとてもオシャレでインパクトのある雰囲気を醸し出しています。

 

lifeiscamp-25-8

 

lifeiscamp-25-19

 

また、キャンプ用のギア製品を使用することにこだわらず、自らが気に入ったものを取り入れているとのこと。

 

lifeiscamp-25-16

 

これ、テントの中ですか・・・・

高級ホテルとちゃうんですか!?本当にすごすぎます!!
元々、キャンプを始める前から空間づくりが好きだったということだけあって、完璧な空間を演出されていますね。

 

そんなウラタシュンゴさんから貴重なお話を頂けました。

lifeiscamp-25-20 プロフィール
ウラタシュンゴさん。富山県在住。32歳男性。職業:介護関係
インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/ungo222/

以下からウラタシュンゴさんとのやり取りです。

 


はじめまして。富山県内を中心にソロ7割、グループ3割で“自分の為の自分の空間づくり”を心がけて遊んでいる、ウラタシュンゴと申します。

各キャンプ用品のお気に入りを教えて下さい。

種類品名画像
テントmoss/オリンピック
小川キャンパル/ピルツ9
タープテンマクデザイン/ムササビウィング
テーブル不明
チェアエニウェアチェア
ランタンペトラマックス/hk500
クーラーボックス不明
自動車トヨタ/イスト

キャンプを始めた年齢は?

28歳

キャンプへ行く頻度は?

連休はほぼキャンプ。(冬場はちょっと減る)年間20〜30回くらい

キャンプを始めたきっかけは?

「フジロックでキャンプがしたい」から始まり今ではフェスとは関係なしにキャンプ三昧

 

lifeiscamp-25-3

お気に入りキャンプ場は?

猿倉山森林公園キャンプ場

猿倉山森林公園キャンプ場のどういったところが気に入っていますか?

1番近いキャンプ場だから!(笑)
もう一言付け加えると、フィールド自体は小さなキャンプ場で静かに過ごせる事が多いプライベートキャンプ場のような場合であってくれるのも嬉しいですね。また、格安なためか、県外からのキャンパーさんとの出会いも多く、キャンプ中の一期一会を楽しむ僕にとって頼りになるキャンプ場です。

一番お気に入りのキャンプ用品は何ですか?

エニウェアチェア。
元々はピカピカのツヤツヤだったエニウェアチェアですが、塗装や研磨、ファブリックの染色や張り替えなどのリメイクを施し、友人にも手伝ってもらったオンリーワンの一脚で思い入れの強い一脚でもあります。

 

lifeiscamp-25-11

 

lifeiscamp-25-5

 

好きなキャンプスタイルは?

おしゃれキャンプです。自分の時間を大切にしたスタイルや想像力を掻き立てられる独創性に富んだ空間から伝わるその人らしさ、そんなキャンプスタイルを持った方には感銘を覚えますね。

 

lifeiscamp-25-17

 

lifeiscamp-25-18

 

lifeiscamp-25-15

キャンプへのこだわりは?

キャンプを始める以前から‘‘空間づくり”が好きでキャンプでも空間づくりには強い拘りがあります。本来はキャンプ道具でないモノ(折りたたみや分解が効く棚、ガーデニング用品のテーブルなど)でも「外で使える」と思えばキャンプに持ち込んで自分だけの空間づくり、キャンプスタイルに活かしています。

 

lifeiscamp-25-14

 

lifeiscamp-25-2

 

lifeiscamp-25-9

キャンプの魅力について

これは絶対に『一期一会』ですね!ソロキャンプが多い僕にとって人とのふれあいはとても貴重でおおらかな気持ちにさせてくれます。通りすがりの地元の方から県内外のキャンパーさん、海外から来られたバックパッカーまで老若男女問わず同じ趣味、似た者同士の意気投合の速さに楽しみを見出しています。自分にない人の温かさや面白みに気付ける貴重な機会です。

 

lifeiscamp-25-7

今、欲しいor購入予定のキャンプ用品は?

今は特にないです。ふらっと立ち寄った雑貨屋やネットショッピング中のインスピレーションを大切にして外で使えそうなモノを見つけ出すのが好きなので..

キャンプ以外にはまっていること

部屋いじりと時間と気持ちに余裕がある時はスケッチも少々

キャンプでのおもしろ、感動エピソード

テントを忘れた。
キャンプ場に着いてからテントがないことに気がついた時の絶望感はトラウマです。ですが、そんな時でもその場で出会ったキャンパーさんが助けてくれて結局2泊3日一緒に過ごさせてくれました。今では良きキャンプ仲間です!

 

lifeiscamp-25-6