コアキャンパー必見!ガレージブランドSomAbitoの全てを探ります!


lifeiscamp48-top

 

今回ご紹介するのは、京都府在住の「ソマビト_ヨツトシ」さん。

そうです!コアキャンパーの皆さまなら既にご存知かと思われますが、 SomAbito 創業者のお一人、ソマビト_ヨツトシさんです!

 

■SomAbito

http://somabito110.jp/

 

今回はSomAbitoの事について沢山ご質問したにも関わらず快くお答えいただき、本当にありがとうございました。m(_ _)m この場をお借りしてお礼申し上げます。

また、以前にご紹介した Reikoさんの旦那さまでもあります!ご夫婦そろってコアキャンパーだなんて本当に羨ましいです!

 

 

SomAbitoファンも、今回初めてお聞きする方も必見です。ヨツトシさんから貴重なお話を頂けました。

lifeiscamp48-20 プロフィール
ソマビト_ヨツトシさん。京都府在住。40代男性。職業:SomAbito
SomAbitoショップ:http://somabito110.jp/
インスタグラムアカウト:https://www.instagram.com/somabito_yotsutoshi/

以下からヨツトシさんとのやり取りです。

 


はじめまして。ソマビト_ヨツトシです。住まいは奥京都です。SomAbitoというガレージブランドを仲間とやっておりますSomAbitoではKUKSAのDIYキットなどアウトドアにもマッチする小物製作から空間デザインなどリノベーションなども手がけています。

まずはSomAbitoについて色々とご質問させてください。

SomAbitoについて質問その1:
somabito を創業した時期はいつですか?

2014年に私、イワキ ヨツトシと林業家で建築家のイトウ カズヤの2人ではじめました。

SomAbitoについて質問その2:
創業当初の気持ち(不安だったことや、ワクワクしたこと等)をお聞かせ下さい。

僕らの地元である奥京都の魅力を世界に発信できる何かをやりたいねといつも話していてそういう流れの中でKYO-KUKSAが生まれました。大風呂敷をはじめに広げたのでワクワクしかありませんでしたね。

SomAbitoについて質問その3:
運営している中で嬉しかったこと、大変だったことを教えて下さい。

僕らの製作した製品を通して奥京都に興味を持ってもらえたり、モノづくりの楽しさを感じてもらえることはとてもうれしいです。ポジティブな考え方が癖になっていて身体的に大変な時でも楽しんで取り組ませてもらってます。

SomAbitoについて質問その4:
ソマスピの誕生秘話を教えて下さい。

SomAbitoのモノづくりのキーワードに<世界にひとつ>というのがあります。そんな中で自然の中でも優しい音色で音楽を楽しむために自分用に作ったウッドスピーカーをinstagramにポストしたところ欲しいと言っていただける方がおり、10個だけ製作してお譲りしました。するとまたほしい方が現れて、また10個、また10個と作っているうちにSomAbitoの定番商品となっていきました。ソマスピもまったく売るために開発したものではなく、持っててうれしくなることを考えて作ったものなんです。

 

SomAbitoについて質問その5:
ソマチェアの誕生秘話を教えて下さい。

ソマチェアは昔からあるハンティングチェアのSomAbitoバージョンです。キャンプ全体の時間の中でゆっくり座っているよりも、ウロウロしていることが多くちょっと腰かけるというのにはちょうどいいサイズなんです。また、コンパクトにもなるので積載にも優しいんです。座面の高さもいろいろと試して焚火のときにしっかり足元から温まるにはこの高さがベストでした。ここでも世界に一つを大切にしてオリジナルのロゴ入れサービスを提供しています。

 

lifeiscamp48-14

SomAbitoについて質問その6:
新作アイデア創出のため普段から心がけていることがあれば教えて下さい。

温故知新といいますか今まであったものと新しい価値観とのマッチングを意識しています。あとは、ふと置いたときにいい空気を放ってくれるということも大事にしています。

SomAbitoについて質問その7:
これからの展望についてお聞かせ下さい。

はじめに広げた風呂敷の通り、奥京都の魅力を世界に発信すべくモノづくりやイベントなどを企画して行きたいと思います。

 

SomAbitoについて沢山のご質問にお答えいただきありがとうございましたm(_ _)m


 

各キャンプ用品のお気に入りを教えて下さい。

種類品名画像
テントhilleberg/サイタリス
hilleberg/アルタイ
ddhammock
タープhilleberg/UL10
tentmark/TCレクタ
テーブル自作
NORAs/ロールトップ
ネイチャートーンズ/メッシュテーブル
チェアソマチェア
カーミットチェア
ランタンゴールドボンド
シアーズなどのビンテージコールマン
クーラーボックスYETI
シアトルスポーツ
自動車キャラバンNV350
三菱JEEP J38
その他焚き火系:asimocrafts、solostove、ironcraft
調理系: coleman/ツーバーナー、coleman/GIストーブ
刃物系:moraknive、ヘレナイフ、asimocrafts
小物系: SomAbito/kyo-kuksa、SomAbito/ドリップスター、マウンテンリサーチ/アナルコマグ

キャンプを始めた時期は?

30代

キャンプへ行く頻度は?

毎日でも行きたいところですが、時間を見つけては出かけています。最近は朝キャンという早朝から午前中だけのキャンプも楽しんでいます。

キャンプを始めたきっかけは?

子どもに自然とのふれあいを大切にして欲しかったので、現在中2の長男が2歳になるかなぁってときに近くのスポーツショップのバーゲン品を買ってはじめました。

お気に入りキャンプ場は?

高島海水浴場オートキャンプ場

高嶋海水浴場オートキャンプ場のどういったところが気に入っていますか?

サイトから海が見渡せて、特に夕日が美しいところが大好きです。

 

一番お気に入りのキャンプ用品は何ですか?

火器系全般

男性の方には多いと思いますが、火遊びが子どもの頃から好きなんです。ビンテージコールマンのランタンやオイルランタンというあかり系からツーバーナー、シングルバーナー、アルコールストーブの調理系もついつい集めたくなってしまいますビンテージのガソリンランタンではcolemanのゴールドボンド200Aタイプが一番のお気に入りです。

 

lifeiscamp48-9

 

lifeiscamp48-10

好きなキャンプスタイルは?

男っぽいスタイルが好きでhillebergのテントは欠かせません。最近ハマっているのがハンモックスタイル!だらだらキャンプには最高です。ハンモックスタイルはある意味ナマケモノスタイルですね 笑

 

lifeiscamp48-2

 

lifeiscamp48-16

キャンプへのこだわりは?

とにかく自然の中で楽しい時間を過ごすこと。キャンプは自分のモノづくりの源泉になっています。固定した楽しみ方ではなく、新たな楽しみ方も考えることがこだわりですね。

 

lifeiscamp48-5

 

キャンプの魅力について

ソロキャン、ファミキャン、グルキャンなどキャンプシーンによっていろいろな楽しみ方ができますね。ソロだと少しのギアだけで自然との一体感を感じることができますし、ファミキャンだと家族とのかけがえのない時間が過ごせます。グルキャンはギアの使い方だったり、料理だったりたくさんの情報交換ができてとても勉強になることが多いです。キャンプにはまだまだたくさんの魅力が隠されていると思います

 

lifeiscamp48-7

 

lifeiscamp48-11

 

今、欲しいor購入予定のキャンプ用品は?

できることならhillebergの幕は全て欲しいです。

キャンプ以外にはまっていること

仕事がらモノづくりが大半を占めます。

あと今年はhilleberg愛好家のためのキャンプイベントであるhillebergmania campを企画しているのでそちらも楽しみです。

 

lifeiscamp48-3

 

lifeiscamp48-17

キャンプでのおもしろ、感動エピソード

娘が2歳くらいの頃のエピソードですが、その頃娘はトイレトレーニング中でした。夜寝ているとなんか湿ってきたので、娘のお尻あたりをさわるとビショビショでした。あわてて着替えさせて、トイレももう一度行って就寝。しばらくすると、また濡れている気がして娘をさわると、またビショビショ。眠さもあって「一体何回おねしょするんやっ!」半分キレ気味になっていたのですが、娘の寝ているあたりを手でさわるとグラントシートがビショビショ。原因は雨水が娘の寝ているところに流れ込んでいました。このとき確認するとグラントシートがフライシートよりも少し外に出ていたせいでそこからジワジワと流れ込んでいて娘の寝床が池状態になっていたのでした。
そのあと、怒ってゴメンね〜と娘に謝り無事オネショ疑惑は晴れたのでした。

最後に一言お願いします!

今回は取材ありがとうございました。これからもいろんなソトアソビを満喫したいと思います。

 

lifeiscamp48-19